日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

三菱東京UFJ銀行がリップル!?

仮想通貨

三菱東京UFJ銀行がリップル!?
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • http://r-premium.millionroad.jp/?aid=aff257

三菱東京UFJ銀行がリップルを使って各国銀行と提携

三菱東京UFJ銀行が2018年初から、日米欧の大手銀行と組んで、仮想通貨のリップルを活用し次世代型の国際送金サービスを始めます。
従来、三菱東京UFJ銀行は独自通貨のUFJコインなるものを作っていると発表していただけに驚きのニュースでした。

気になる、提携先のお相手は米欧豪の大手行
【米】バンクオブアメリカ・メリルリンチ 
【加】CIBC 
【英】スタンダードチャータード銀行 
  ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド 
【西】サンタンデール 
【豪】ウエストパック銀行 
【亜】三菱東京UFJ銀行など

いずれも、各国を代表する大手銀行ですね。

今回の発表をうけてリップルが高騰

これら7銀行グループで、(米)ベンチャーのリップルが持つ技術を活用すことで、国際送金の即時決済を可能とし、かねて高額といわれている手数料も引き下げるのだとか。このニュースを受け暗号通貨のリップルが一夜ににて2倍以上の価格に高騰しました。

ブロックチェーンを通じ銀行システムの利便性を高める

従来、銀行は多額費用を投じ、銀行独自のセキュリティの高いシステム構築してきましたが、しかし、同時にそのシステムの維持・更新のコスト経営の重荷でした。
そこで銀行などは、ブロックチェーン技術に注目しました。

ブロックチェーン技術を用いれば、従来の大規模システム構築をぜずとも、低コストでシステムを開発できる上、暗号通貨の高度な暗号技術でセキュリティーの確保が可能になります。
またリップルの技術を用い、銀行間共通のフォーマットを活用する事により、銀行間の情報融通も一段とやりやすくなるメリットがあります。
 

今後、リップルの価値が上昇か?

今回は、三菱UFJ、バンカメのほか、スタンダードチャータード銀行(英)、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(英)、サンタンデール(西)、CIBC(加)、ウエストパック銀行(豪)が連携。

リップルによると、新サービスに参加する銀行は今後さら増加し、合計90行程度が参入する可能性があるのだとか。
7行が使うブロックチェーン技術はお金のやり取りだけでなく、一般的な契約の記録などへの応用も期待されている。

7行は新たな国際決済網づくりを踏まえ、将来的に送金以外の機能を加える方向で検討を進める。
今は貿易の際に売買契約を結んだ後で銀行間の資金決済を別途手掛けるが、一体化も実現する可能性がある。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ